精神論を抜きにするならテレアポ営業は淘汰されていいと思います

サイトリニューアルにあたり、会社の問い合わせ電話番号を記載してみました。

スタッフからは不満が出まくりなのですが、
その理由は、
「無駄な営業電話が増え、対応に時間が取られる」です。

全くもってその通りで、今や会社の電話で知らない人からかかってくるのは、
基本的に営業電話。それもこちらが必要としないものばかりです。
会社に限らず、家の電話ですら、基本的に固定電話には「不要な連絡」「嫌な連絡」ばかりです。

最近、テレビでも話題の某大手IT企業に連絡を試みたところ、
電話番号が一切記載されておりませんでした。
会社概要にも無しです。「電話連絡手段を掲載しないのは不誠実」という事は
完全に無くなったといっていいでしょう。

そういう時代にも関わらず、相変わらず電話営業してくる業者には怒りを通り越して
哀れになってきます。まぁ対応は容赦なく罵倒して電話切りますけど。

現実的な話、
「営業」についての根性を鍛えるとか、そういう意味でないのなら、
テレアポはもはや無駄ではないのかな、と思っています。

WinWinになる情報提供ならメール問い合わせ程度でも、決済者は反応しますし、
これだけ情報が溢れ、その整理に手間取る日常にあって、
貴重な時間に不要な情報を提供されても迷惑でしかありません。

今の時代の営業スキルは「根性論」では無いと思うんですよね。
必要な事、欲しい物には、人は勝手に情報収集し、並んだって欲しがるのです。

欲しがっている人、必要な人のいるところを察知し、いかに価値を提供するか。
シンプルな話ですが、
それを情報ネットワークを駆使して行うのがこれからの営業スタイルだと思います。

グダグダ書きましたが、要はお互いのため、
弊社に無駄なテレアポをかけてくるのは止めて下さい、
って事だけでした。