外注さまへの振込手数料について

弊社は仕事から、多くの外注企業様、フリーランスの皆様と
お仕事をさせてもらっているのですが、
報酬を振り込む際の手数料は弊社側が負担をしております。

当たり前の話ですが、報酬を支払うということは、
文字通り業務に感謝し、相応の謝意を表すということですから、
発注側が負担して、あたりまえだと思っています。
中には2~3千円の原稿料支払いのため、えらく振込手数料が高く思う事もありますが、
経営管理の合理性の面から見てもやはり銀行振込にし、手数料を負担させてもらっています。

ですが時々、「振込料を差し引いて支払っていいですか?」というクライアント様もおりまして、
手続き数百円のところを絞るほど、経営効率が徹底してらっしゃるんだな、
と思ってみたり、
やはり「仕事をさせてやってる」というスタンスでいらっしゃるんだな、
と思ってみたりしています。

なるだけ、お互いに感謝の気持ちで仕事はしたいとは思っています。

あと、弊社では、一般的な都市銀他行間の振込料金(だいたい4~500円くらいでしょうか)を
約半額の固定料金にし、さらにネットバンクのように管理できるサービスを提供しております(宣伝)。
初期費用も会員費用もリ預入リスクもありませんし、
小口でも始められますので、興味のある方は弊社までご連絡くださいませ。

……とかアフェリエイトブログみたいな事、書いてしまいました(*^^*)

 

追記:

先日この記事内容について、報酬振込みの手数料についてのご指摘をいただきました。

・原則的に支払う側が負担(仕事の成果の引渡しも、報酬の支払いも)
・業界等に一般的に通用する商習慣や、個別事前の取り決めがあればそちら優先
(場合によっては「下請法に違反する不当な減額強要」という具合に優越的地位の濫用とみなされることも)

ご指摘、ありがとうございます。
皆様もご参考までに。